MAGAZINE

私たちの生活を豊かにするもの。CIY(Creation It Yourself)を楽しもう!

カテゴリー: MAGAZINE, モノ, コト タグ: , パーマリンク
あなたは、「CIY」という言葉をきいたことがありますか?
2014年、『カスタマイズ 【特注】をビジネスにする戦略』(アンソニー・フリン、 エミリー・フリン・ヴェンキャット著、和田美樹訳、CCCメディアハウス)という本が日本で出版されました。
この本の著者のアンソニー・フリン氏は、1日1万本ものシリアルバーを一人ひとりカスタム注文できる「ユーバー(You Bar)」の設立者。この本には、その事業から得た実感をもって、あらゆる業界が大量生産を捨て、カスタマイゼーションに移行するということが書いてありました。

CIY(Creation It Yourself)


ではでは、前述のCIY(Creation It Yourself)とはなんでしょう?
本によると、
「今のカスタムメイドは、自分の手で作るドゥー・イット・ユアセルフ(DIY)ではなく、いわば「クリエイト・イット・ユアセルフ(CIY)」だと私は思う。「クリエイト・イット・ユアセルフ(CIY)」とは、人と違うオリジナルのものをクリエイト(創作)する、つまり楽しい部分だけを自分でやる、という意味だ。〜面倒な部分作業は人にお任せというパターンである。(25ページより)

とあります。今までのように全てを自分でする、というのではなく、面倒な部分はプロに任せて楽しい部分だけやるのがこのCIYということなんです。
このCIYは2000年以前は超富裕層だけの特権だったそうですが、技術的なイノベーションにより、私たちは自宅のPCで簡単にカスタム製品を安いコストでデザインできるようになったということ。DIYとCIY、このように説明されると、大きな違いを感じますね。


「ワタシを表現したい」という思いは人間本来のもの


とくにミレニアル世代(1978〜2000年生まれ)にとっては、カスタマイゼーションが当たり前の感覚であるということなのですが、なぜこのような傾向になってきたか、その理由には2つの説があるそうです。
ひとつめは、社会学者中心に唱えられている「当たり前に与えられ」「自己中心的」に育てられたから、自分の思う通りのものを手に入れたがるのではないかという説。
もうひとつは、消費者傾向を研究する多くの人が支持している以下の説。

カスタム商品への欲求は、単に人間本来のものであり、二〇世紀には大量生産の便利さに押され、押しつけられていたまでだ。 人間はそのようにできているのです。私たちは互いのクローンではなく、皆一人ひとり違うわけですから、カスタム商品が手に入るのであれば入手したいに決まっています(65ページ)

聞いてみて、感覚的にどう感じますか?なんだかこちらの方がピンとくる気がしませんか?
人間の根源的な欲求であるというこの説はすごく素敵だと感じました。できるのだったら昔の人もカスタマイズしたかったのかもしれません。個別の「ワタシを表現したい」という思いって、とても自然なことなのです。

ライフスタイルもカスタム!


またこの次の章で驚いたのは、カスタマイゼーションが激変させてきているのがアメリカの若い世代の購買行動だけでなく、ライフスタイルにも及んでいることでした。
恋愛関係、家族構成、働き方も自分の都合にあわせてカスタマイズしているのだそう。
それと同時に、以前は最優先事項にあがりそうな「高給の職業に就く」ということよりも「よい親になること」が最優先事項のトップである人が52%を占める(米調査団ピュー・リサーチセンター2011調べ)という心温まる結果がでているそう。
興味深いですよね。人間の欲求として「幸せになりたい」というところは昔も今も同じでも、「お金」より「家族」という判断は、より自分がどうあれば幸せなのかを直感的に嗅ぎ取っているのかもしれません。その上で主体的に「自分で自分を幸せにする」という選択の結果なのだと感じました。

カスタムライフを楽しもう!


ということで、この『カスタマイズ 【特注】をビジネスにする戦略』という本をビジネスではない視点で切り取ってみました。
ここからは、「カスタムライフ」「CIY」が楽しめるサービスの紹介です。

①カスタマイズプラスマガジン
http://customizeplusmagazine.jp/
カスタマイズのことを知るには、このマガジンがオススメです。アンソニー・フリン氏のインタビューも掲載されています!

②Knot
http://knot-designs.com/
MADE IN JAPANにこだわった、最高の素材&日本の技術でつくられる腕時計のカスタマイズオーダーサイトです。

③La Fabric(ラ・ファブリック)
https://lafabric.jp/
自分らしいスーツをオンラインで自由にカスタマイズできるサービスです。
かなり自由度の高いオーダーができそうです。

④shoes of prey(シューズ・オブ・プレイ)
https://www.shoesofprey.com/
女性用の靴をオンラインで自由にデザインオーダーできるサービスです。
2010年に日本に上陸したようですが、現在日本語版サイトはなくなってしまったようです。
ブラウザの翻訳ツールを使うことで楽しめるようです。

⑤JOGGO(ジョッゴ)
https://joggo.me/
カラフルなプレミアムレザーからあなただけの色を選べ、オリジナル革小物をデザインできるカスタムオーダーメイドサービスです。
私たちも、カスタムオーダーサービスを夏リリース予定です。
楽しみにしていてください!

これらのサービスを使ってどんどん、ワタシを表現していきましょう!
shoko watanabe

shoko watanabe について

デザイナー&プランナー

短大で映像デザインを学んだ後、グラフィックデザイナーとして経験を積む。大阪から東京へ活動の場を移すことをきっかけに、人とのつながり・場づくり・学びへの興味を深めるため、2013年からシブヤ大学で授業コーディネーターとして活動。和文化・街づくり・ものづくりなどのテーマでの授業づくりを展開。また2015年から、株式会社エモーヴに所属。「ワタシクリエイト」に出逢い、人生観が大きく変わる。現在は自分の幸せから周りも幸せになればいいなと、日々ワクワク活動中♪